Paris 2014 + 3

2014年に「パリに引っ越しました」(旧ブログタイトル)。3年目の私的メモ。

# Paris 10

カナル・サンマルタン、10年に一度の大掃除

パリに引っ越してきて早1年半(そろそろブログのタイトルを変えたい)、カナル・サンマルタン沿いの今の住処が大変気にいっている。越境すると思われる移民の中継地点になっていたり(50人単位で夜並んで寝ていたりする)、ストリートアートとは言えないレベ…

苔玉ツリー

昨日は旦那の会社のクリスマスディナー。日本の忘年会みたいな感じですかね。帰りはタクシーもUberも配車に15分はかかる盛況ぶり。年の瀬の雰囲気です。家に帰ると義兄夫婦がプレゼントしてくれた苔玉ツリーが待っててくれてほっとします。今年は陽気なクリ…

10区の図書館

あっという間に夏が過ぎてしまいました。2ヶ月ぶりのエントリー。。。 ヨーロッパの夏は短く、9月に入ったらいきなり秋の気配がするようになりました。最近は日の出も8時少し前くらいで、どんどん日が短くなるのを感じます。 この夏は結婚式プラス自分たちの…

月・土限定 カツサンドランチ @ Abri

旦那と私が揃ってパリにいるのは5週間ぶり。気がついたらパリから人がいなくなり始めているのをひしひしと感じます。8月を前にお店も年休の張り紙をし始めて…、不思議とカナル運河の周りもちょっとガランとした感じ(いるんだけどね、普段と比べると…) ふと…

10区のおいしいパスタ

フランスでパスタって…基本的に美味しくない。ブラッスリーやビストロでパスタを頼むと残念な気持ちになる可能性大。なにせフランス人は、アルデンテをわかっていない。 でも、行くところに行けば、ちゃーんとおいしいパスタも食べられます。 カナル運河がら…

10区にショコラティエを出しませんか

話が前後しますが、バレンタインのチョコレートを、どうしようかなーと逡巡して、はたと気づいた。我が10区にはチョコレートショップはないなぁ。もしご存知の方がいれば、教えて欲しい。おいしいレストランも、かわいいカフェも、流行のブランチスポットも…

平日に至福のランチ Abri

昨年ディナーでとても美味しかった Abri。ブログでもAbriの記事はよく読んでもらったと記憶しています。5年程前からお付き合いのある大学の先輩とランチすることになり、再びランチでAbriを楽しませてもらいました。 ちなみにディナーと同じように『サプライ…

エピスリー&カフェ MYRTHE :Ten Bellesのとなりにオープン

Ten Bellesと花屋の間に、新しいお店がオープンしていました。エピスリー & キャンティーン(食堂)のMYRTH。「よくTen Bellesに来るのに気づかなかったけど…」と訊いたら、クリスマス少し前に、女性ふたりでオープンして、まだ1ヶ月半くらいらしい。 そも…

ベントー・パリジャン nanashi

10区に和食ってあんまりないよなぁと思っていたのですが、nanashiをすっかり忘れていました! なんでもっと早く来なかったんだろう…。と、考えていたら思い出しました。 マレ地区のnanashiに行ったんだった。で、その時に食べた鴨蕎麦がへなちょこすぎて、怒…

街角のメッセージ:VIVE L'AMOUR(愛よ、永遠なれ)

最近、最近女の子に振られた17歳の青年が、シニカルな気分になって、夜な夜な『l'amour est mort』(愛は死んだ)と書きまくっている。Gare de l'Estからカナル運河に向かうこの壁だけでなくて、他にもいっぱい見かけた。それを見て、「こんなセンスないこと…

日曜だったら Le Petit Cambodgeに

海外から友人が来ると、みなさん早速ビストロに行くので、私はそれ以外の食事に付き合うことが多い。パリだとカンボジア料理とかアフリカ料理がおいしいので、よく候補にあげる。一週間の旅行で、十中八九は「もうフレンチとか西洋料理は疲れた」となって、…

カンボジア料理では お馴染み Le Cambodge

界隈では有名なカンボジアン・レストラン。カンボジアン食べたいと思ってネットで探すと大抵ここが出て来るので、ご存知の方も多いことでしょう。かつてフランス領だったこともあるので、フランスはカンボジア料理は平均的においしい、はず!アメリカでいう…

カナル運河のニューフェイス Asian Food Bar Siseng

しばらく店内を工事していたので、何ができるのかなーと楽しみにいたら、昨年末にオープン。アジアンフードバー Siseng です。ちょうどLe Comptoir Généralのおとなり。開店して間もないのでオペレーションはやや混乱気味。 奥にバースペースがあり、日本の…

街角のメッセージ:昨日は 既にあんなにも遠くへ

Hier deja si loin.. 句読点やアクセントを補うと、Hier, déjà si loinとなる。日本語に訳せば、「昨日は 既にあんなにも遠くへ」という感じだろうか。何度か舌の上で転がしてみたけれど、これ以上すっきりしたフレーズを思いつかなかった。 レピュブリック…

パリ風ベーグル Le Sesame

またまたカナル運河沿いにあるお店です。カナル運河沿いは、近いうちに制覇できるのではないだろうか…。 ベーグルサンドを中心にブランチもできるSesame(セザム)。 アメリカや日本で見る、もっちりがっしりしたベーグルを想像していくと、「これってベーグ…

街角のメッセージ: Shall we dance ?

友人宅でのディナーを終えて、夜中0時をまわる頃、Poissonière と Gare de l'Estのあたりを歩いている時だった。人をばかにしたような、でも何か楽しそうなブタとシマウマがいたので、とりあえず携帯の待ち受け画面にしてみた。 憎たらしい顔してるなーと思…

街角のメッセージ:Bonne Année 2015 (明けましておめでとう)

パリの元旦は、日本とは違ってパーッと騒ぐ人たちが多い。宗教的な意味あいは全くないので、「大晦日飲み過ぎたー。ぐったり^」みたいな感じらしい。らしい、というのは、私は年越しは「頑張ってパリを楽しむ」ことをせず、家でしずかーに、年越ししたから…

街角のメッセージ:Back to the Street

Rue des Vinaigriersからカナル運河に出るときに階段を登る。そこに小さく主張する何かがある。 『CHAMB..』で見切れてるのでわからないけど、『CHAMBRE』(部屋)って書いてあるのかな。『部屋』と書かれたゴミ箱から、誰かが足を投げ出している。右下には…

Lafyetteにも出店した10区のパン屋さん LIBERTÉ

カナル運河沿いで目を引くパン屋はふたつある。まだブログに載せていないが、ひとつはDu Pain et Des Idées で、もうひとつがこちらのLiberté。真っ白な外観。外から工房が見えるようになっているスタイル。家で食べるにはちょっともったいない、よそゆきで…

パリで増殖中のコワーキングカフェ Café CRAFT

最近パリでもコワーキングスペースが流行っている。カナル運河の近くにあるCRAFTははカフェ兼コワーキングスペースといった趣きで、手前は純粋なカフェスペース。奥は電源を完備した席が並ぶ。もちろんWIFIもある。(Ten BellesはWifiどころか3Gもなかなか入…

街角のメッセージ: JUST DO ARTとかMAKE ART NOT WARとか

色鮮やかなこの壁は不思議とずーっとこのまま手つかずで、落書きの上書きがあまりされない。標識に括り付けられた広告は、この時たまたま『JUST DO ART.』といい感じにフィットしてた。Rue de Lancyのあたり。 カナル運河の近くは、ストリート系の人たちが多…

街角のメッセージ:音が羽ばたいていく

相変わらずパリ10区を歩いている。最近パリは10度くらいの暖かい日が続いている。今日は雨も降ってなかったので、視線が少し上に向いていたのかもしれない。カナル運河沿い(Quai de Valmy)にぶつかるマルセイユ通り(Rue de Marseilles)の角に、いいもの…

Ten Bellesでクリスマスケーキを

既に紹介済みのTen Belles(テンベル)。最近そそられたのはGâteaux de Nöel(ガトー・ド・ノエル)、つまりクリスマスケーキ。クリスマスケーキっていう響きだけでも幸せな気分が味わえる。 ここのスイーツ担当の方は、イギリス人なので、こういうイングリ…

カナル運河沿いで和食定食屋 maru

カナル運河の目の前にあるホテルに併設される『食事処』といった風情の maru で先日ランチした。ホテルに併設されているという先入観のせいか、正直あまり期待していなかったのだが、結構満足。この界隈に和食がないこともあり、また行ってしまうと思う。 朝…

パリ10区の劇場 Théatre des Bouffes du Nord(ブッフ・デュ・ノール劇場)で砂漠のブルース『ティナリウェン』の一夜

パリ10区の最北端に位置する劇場。Théatre des Bouffes du Nord(ブッフ・デュ・ノール劇場)は、1876年にThéatre Mollière (モリエール劇場)の名前でスタートして以来、幾度となく名前を変え、閉鎖に追い込まれながらも、今日まで生き延びてきた。1993年…

街角のメッセージ:Ride in Peace

パリ北部を東西に抜ける地下鉄2番線の駅 La Chapelle(ラ・シャペル)のあたりから、カナル運河に向かって歩いていた。このあたりも、まだパリ10区である。ちょうどリトル・インドでカリーな雰囲気を抜けるあたり。突如、出くわした『Ride in Peace』のメッ…

野菜たっぷりヘルシーなブランチを Café PINSON

日曜日はお休みなお店が多い中、ブランチをやっているCafé PINSON。念のため予約は12時か14時半に入れて行くべし。 東京から友人が来た際に通りがかったところ、予約一杯で席はありませんと言われてしまったCafé PINSONに再チャレンジ。私が歩いてみたいと思…

10区を歩く(準備編)

パリ東エリアといっても広すぎる。まずはホームグラウンドの10区を歩き回るための下準備の巻!10区の中でのカラーの違いを見てみよう。 前回エントリー <a href="http://nico1984.hatenablog.com/entry/2014/11/25/175534" data-mce-href="http://nico1984.hatenablog.com/entry/2014/11/25/175534">パリ東エリアの不動産に興味津々 - パリに引っ越しました。</a> で、パリ10〜13区、18〜20区の不動産1m2あた…

いつも新しいことに夢中になれるということ

日曜のカナル・サンマルタンは歩行者天国 道路の真ん中を歩き気持ちよさ それだけでいつもより5cmくらい視線があがる気がする いつも新しいことに夢中になれるということ 自分のスタイルを持つということ 例えば、新しい自転車の乗り方を試してみるというこ…

パリ de メキシカン・タコス El Nopal

サンドウィッチに飽きたら絶品タコス パリでテイクアウトで食べられるものといえば、チャイニーズ、ベトナミーズ、コリアン、ケバブ、、色々ありますが、時々食べたくなるメキシカン・タコス! 昼と夜の数時間しか空いていないタコス屋さん El Nopal。看板に…

Coffee Bar - Ten Belles

オーストラリア帰りのバリスタ、Thomas Lehouxが2012年9月にオープンにしたカフェ。奥のキッチンで手作りの甘いスイーツに耐えるのが辛い! カナル・サンマルタンの散歩の帰りに 10区といえば、カナル・サンマルタンという人も多いのでは? 運河沿いを散歩し…

2ヶ月先まで予約が埋まる日本人シェフのお店 Abri

20席程度のこじんまりしたAbri(=山小屋の意味)。料理も美味しくて、サービスも気持ちいい。予約は取りづらいけれど、親しい人と、とてもいい時間を過ごせる。 ラーメン屋の店長のようなシェフからこんな繊細な料理? 夜のメニューは前菜3皿、魚料理、肉料…