パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

その他

ウェディングドレスのセカンドハンドショップ Graine de coton

私がウェディングドレスを見つけたところが便利だったので、メモしておきます。買取が中心のフランスだとドレスは予算によってピンキリ。私はPronoviasがとっても気に入ってしまったけれど、1回着るのに2000ユーロも3000ユーロもかけるのもなぁと思って、見…

パリに引っ越して1年経ちました

気がつけば パリに来てから一年が経った。初めて無職を経験し、初めてフランスで仕事を探し、初めてフランス人に囲まれて仕事。料理を覚えた。パートナーを支えということ、支えられるということ。落ち着いて振り返ると、無駄に溢れた 試行錯誤の一年。すで…

パリでまつエク:理想のアイリストの見つけ方

新しい街に行くと、まつエク、美容院、病院を探します。もともと美容などに時間をかけるのが苦手でマスカラも続かないので、数年前から「まつげエクステンション」のお世話になっています。 レストランとかカフェとかは、ふらふら〜っとしますが、まつエクや…

フランスもベンチャーブーム、くるか?

ここ数年は、ベンチャーとかスタートアップに随分と追い風が吹いているように感じます。MBAホルダーの就職先は、ウォールストリートからシリコンバレーへ。日本でも投資銀行やコンサルを辞めて、同業界や取引先業界へ転職!ではなく、新天地を求めてスタート…

産経新聞 曽野綾子さんのコラムを読んで:移民が「コッチから願い下げ」と言う日も遠くない

2月11日付産経新聞に掲載されている曽野綾子さんの『労働力不足と移民 「適度な距離」保ち受け入れを』というコラムが批判されているので、何だろうと思って読んだらびっくりした。 批判のポイントは大きくみっつ。まずは、① 介護職を専門職として理解してい…

在パリ日本人コミュニティの7パターン(β版)

先日、日本人女子で飲みに行って、同じライフステージにいるような子達と話す機会ができ、楽しい時間を過ごした。こういうのすごい久々で、今はまだ「日系コミュニティが欲しいのに帰属先が見つかりません」という状態だ。 帰属先というのは、ちょっと堅いけ…

『風はすべて追い風。わたしがどこを向くかだ。』by LUMINE

最近Facebookで、友達が2015年春のルミネのキャッチコピー「恋は奇跡。愛は意思。」というのをイイネ!していて、へぇ〜なんて歴代のキャッチコピーを見ていたんですが、2014年春のキャッチコピーで目が止まった。 (参照元:2014年春広告メイキング かろや…

20代でも一度は超音波検査(エコー検査)も受けて!

トピック「内診」について、多くの方が婦人科の内診に抵抗があることに静かに驚きました。私にとっては、年に一度の健康診断・歯科検診と同じ感覚だったから。歯医者だって別に好きではないけれど、予防・早期発見には欠かせない。婦人科検診に行く前提が「…

150万人規模のデモ:大衆の力を信じたことがあっただろうか

1月11日の15時からレピュブリック広場から予定されていたデモ。12時過ぎに通りがかった時には、既に警察とテレビクルーがスタンバイしていたほか、メッセージボードを持ってデモに参加する人たちも集まり始めている。 人が多いところに集まること自体が危険…

シャルリー・エブド襲撃事件の実行犯の10年前

ここ数日のパリは、私が知っているパリではない。暗澹たる気持ちになる。 私が目の前で流れる映像にショックを受けた事件はいくつかある。まず、小学生のときに起こった「地下鉄サリン事件」。難しいことがわからない年齢だったが、やはり周りの異様な空気だ…

合言葉は #JeSuisCharlie :シャルリー・エブド本社でのテロ事件

1月7日昼頃に、パリ11区にある週刊紙のシャルリー・エブド(Charlie Hebdo)の本社で警官、編集長や風刺画家を含む12名を殺害、8名が重軽傷を負った事件。 22時過ぎには、容疑者3名が特定され、氏名・年齢などが報道されはじめた。早く事件が収束することを…

パリで銃乱射事件(テロ発生)

フランスが抱えている緊張感が爆発したかのような事件。我が家にはテレビがないので、こういうときに気づいていないことがあって恐ろしい。 旦那から13:10にメールで、「ニュースを見たか。パリでテロ。シャーリー・ヘブド」と短いメッセージ。YoutubeのFran…