パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

不動産

フランス不動産市場の歩み(1970ー1990年代)

フランス不動産市場に関するかなり個人的なメモです。 1970〜1980:本格的な不動産市場の登場 マイホーム獲得競争や、金融機関が不動産開発に直接参入するなど、本格的な不動産市場を形成した時代。銀行傘下に不動産開発部門を抱えることによって、不動産に…

大衆向け住宅の発展とマイホーム

昨日のエントリーに続き、さらにフランスの住環境についてメモしておきます。私は歴史がめちゃくちゃ苦手なんですが、ひとつのテーマに沿ってなぞっていくと、歴史も立体的に勉強できていいですね。 ふたつの世界大戦のはざま(1914年〜1945年) 第一次世界…

フランスの公営住宅の誕生

先日は、ジョルジュ・オスマン知事によるパリの都市改造計画(1850〜1870年代)によって、現在まで続くパリの原型が出来あがったということを、三周遅れくらいで知りましたが、その後の1880〜1915年頃は、公営住宅の誕生によって特徴づけられるらしい。 File…

『美しいパリの街並』の原型

旦那と散歩していると、「オスマン様式のアパルトマンっていいよね〜。住みたいよね〜。でも高いよね〜…」と、時々つぶやきます。私は「古いアパルトマンのことだな」という、ぼんやりした理解しかしておらず、実は「結局、オスマン様式って何なの??」と疑…

フランスのAirbnbについて思うところ

1〜2年ほど前からAirbnb(エアビーアンドビー)を使っているのですが、フランスでもUberと並んで、目を付けられております。私は、Airbnbは(なんならUberも)利用者としてはすごく便利なので、最終的には規制をはねのけてくれるものと信じています。 本質的…

パリの家賃は1m2あたり25€だそうです

フランスの民間賃貸市場調査の資料より、いくつかメモしたい数字をピックアップ!「日本人向け」賃貸物件って高いの?を考えてみました。 パリ市内の賃貸価格は1m2あたり25€(2014年10月末時点) フランスの不動産の業界団体であるCLAMEUR(Connaître les Lo…

10区を歩く(準備編)

パリ東エリアといっても広すぎる。まずはホームグラウンドの10区を歩き回るための下準備の巻!10区の中でのカラーの違いを見てみよう。 前回エントリー <a href="http://nico1984.hatenablog.com/entry/2014/11/25/175534" data-mce-href="http://nico1984.hatenablog.com/entry/2014/11/25/175534">パリ東エリアの不動産に興味津々 - パリに引っ越しました。</a> で、パリ10〜13区、18〜20区の不動産1m2あた…

パリ東エリアの不動産に興味津々

最近下落傾向にあるとはいえ不動産の高いパリ。その中でも比較的、安いエリアの多い東側をざっくり見てみた。 前回のエントリー <a href="http://nico1984.hatenablog.com/entry/2014/11/21/051729" data-mce-href="http://nico1984.hatenablog.com/entry/2014/11/21/051729">パリ全20区 不動産価格 ヒートマップ! - パリに引っ越しました。</a> こちらのエントリーで、パリ市内でもまだ安い東側のエリアに…

パリ全20区 不動産価格 ヒートマップ!

パリの不動産価格を区ごとにみると?!ひとつ前の記事では、パリ全体の不動産価格の長期推移を見てみました。そこで今度気になるのは、それでパリの中はどうなっているのってこと。 前回の記事 パリの不動産価格推移(1990年〜2014年) これで反転?まだ下が…

パリの不動産価格推移(1990年〜2014年) これで反転?まだ下がる?

1990年からのパリの不動産価格の推移をまとめてみました。2014年第2四半期は、3四半期連続で同水準。これは反転の兆しか。まだ下がるのか。 1990年代は低迷。価格は3分の2に 1980年代に上昇していたパリの不動産価格は90年代には様変わり。1991年第1四半期(…