パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

パリの不動産価格推移(1990年〜2014年) これで反転?まだ下がる?

1990年からのパリの不動産価格の推移をまとめてみました。2014年第2四半期は、3四半期連続で同水準。これは反転の兆しか。まだ下がるのか。
 

 

                      f:id:nico1984:20141120000633j:plain

 

1990年代は低迷。価格は3分の2に

1980年代に上昇していたパリの不動産価格は90年代には様変わり。1991年第1四半期(index=119)に一旦ピークをつけるとゆるゆると下落。1998年第1四半期(index=75)には、1991年の不動産価格の3分の2までに価格を落としている。なるほど、パリの不動産も一度は3割近く価格が下がったことがあるのですね。

 

2000年代は2008年まで上げ調子一本。サブプライムショックも一時的

1998年第1四半期の相場の底を打つと、今度は不動産価格はあがるばかり。1998年第1四半期(index=75)から2008年第3四半期(index=221)と、不動産価格は10年間で3倍近く跳ね上がる。その後、2009年前半は、サブプライムショックの影響で価格は一旦下がるものの、2009年後半からは再び価格上昇。この力強さ?には結構驚いた人も多かったはず。 

 
サブプライムは脱するも、足踏みから下落基調へ

2010年、2011年と再び上昇基調にあったものの、2011年第3四半期(index=281)あたりからは、潮目が変わり停滞。2012、2013年と四半期ごとに小幅に上がったり下がったりを繰り返し、じわじわと下落基調に。

 

2014年は停滞。これが底となるのか?

2014年第2四半期(index=273)は、3四半期連続で変化なし。さて、これは反転する兆しなのか? 2014年第3四半期、第4四半期とまたチェックしていきたいと思います。

 

《参考》

Indices "Notaires INSEE" des prix au m2 des appartments par départments depuis 1991, Chambres des Notaires de Paris