パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

パリ全20区 不動産価格 ヒートマップ!

パリの不動産価格を区ごとにみると?!ひとつ前の記事では、パリ全体の不動産価格の長期推移を見てみました。そこで今度気になるのは、それでパリの中はどうなっているのってこと。

 

前回の記事

 

パリを3色に塗りわけてみると 

       f:id:nico1984:20141121030250j:plain

パリはカタツムリ状に20区に分けることができます。中古物件の1m2あたり売買単価のデータがあったので、えいやっ!とみっつの価格帯に分けて色塗りしてみました。なるほど、なるほど。ざっくり言うと、

  • 中心地区は問答無用に高い(赤)
  • 西高東低の様相(黄 vs. 緑)
  • 私のホームグラウンド10区はお安いほう

ということですね。 

 

 

もう少し数字でみると

同じデータをグラフ化したものがご覧の通り。データは2014年第2四半期時点。

 

      f:id:nico1984:20141121030246j:plain

まず、パリ20区全体の中央値は、8,120€/m2(約114万円@JPYEUR 140円)で赤い棒グラフで示しています。

これより安いのが緑のゾーン。おおよそ6,500〜8,000€/m2の範囲。

反対に、ぶっちぎりで高いのは6区(11,980€/m2、約168万円)、7区(11,700€/m2、約164万円)のツートップ。これに続く1〜8区を先頭集団として赤のゾーンに色塗りしています。9,500€/m2約133万円)以上で、庶民に手が届かないゾーンですね。

この赤と緑の間に収まるのが、残りの主にパリ西側になります。ばしっと切るのが難しいけれど、割と高級住宅地として知られる16区、9区や、若い家族の多い15区、割安感のある17区、14区、11区などがあります。8,000〜9,000€/m2のゾーン。

 ちなみに、11区は、2011年の直近の価格ピーク対比、他のエリアが例外なく価格下落した中で、唯一僅かながらも上昇を見せた、所謂ホットなエリアだったようです。

 

むむむ、これで決まりましたね。やはり、私が定点観測するのは、緑のゾーンになりそうです。不動産にお詳しい方、ご連絡お待ちします。