パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

10区を歩く(準備編)

パリ東エリアといっても広すぎる。まずはホームグラウンドの10区を歩き回るための下準備の巻!10区の中でのカラーの違いを見てみよう。

 

前回エントリー

で、パリ10〜13区、18〜20区の不動産1m2あたり売買単価を見て、各区にも当然高いところと、比較的割安なところがあることを見てみました。

 

手始めに、10区を覗いてみよう

f:id:nico1984:20141121073106j:plain

前回使用したこのグラフ、住宅エリア(A)と割安エリア(B)って、結局ドコなのよ?というのが(自分の)宿題のひとつだったので。地道にみていきたいと思います。

まずは、私のホームグラウンドでもある10区から調べてみたいと思います。少しは歩いたこともあるので、とっかかりには、いいでしょう。

 

10区を一目で見ると

           f:id:nico1984:20141128041222j:plain

Google Mapで10区を切り取ってみました。赤の点線が10区の境界線ですね。

赤いマークを置いたところが10区で高いところと言われている住宅エリア。運河に面したカナル・サンマルタンは当然高いですよね。私がよく歩くのもこの運河沿いです。Ten BellesEl Nopalもこのエリアですね。

もうひとつ高いエリアは、オトヴィル通り〜サン・ヴァン・デ・ポールあたり。私こちら側は頻繁に行かないのですが、次はそういう目で歩いてみようと思います。

オトヴィル通りと平行して走るポワソニエール通りは、こじゃれたカフェ&レストランが多い印象を受けました。今度また、ひとつイタリアンのアドレスを載せようと思います。あと、予約いっぱいでwalk inでは入れなかったブランチも近々行こうと画策中です。Abriもこっちのほうですね。

 

緑のマークは、比較的まだ安いとされたエリア。確かに、納得。

  • ベルヴィル ⇒ アジアン&アフリカンがごっちゃまぜ
  • スタリングラッド ⇒ 夜とか時々酔っぱらいが絡んで来る
  • ラシャペル ⇒リトル・インド
  • 北駅 ⇒ 南下するとサン・ドニなど、ザ・ブラックアフリカ

高いエリアはこんな感じか〜〜と歩き回ったら、この異国情緒溢れるカオスを歩いてみるつもりです。