パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

Duft Punk世代のDJの青春と挫折を描く 映画『Eden』が良かった

長い青春と挫折、そして次のステージへ移り行く感覚を味わえる良作。ハウス・テクノ系クラブ・シーンを楽しんだ30代には特別面白い。

 

f:id:nico1984:20141129194224j:plain

 

ストーリー

1990年代前半、高校生のポールは、ハウス・テクノのコミニュティの中でうまれたガラージ(というジャンル)に夢中になる。CheersというDJデュオを組み、クラブシーンにどっぷりと浸かり、活躍するようになる。

2000年代に入り、クラブ・ミュージックのトレンドが変わる中で、取り残されていく厳しい現実に直面し、彼の長い青春は終わりを告げる。シーンの端々に、若きDuft Punkや彼らの音楽が使われている。

 

30代はノスタルジーを感じる一作

監督は、本作が4作目となる33歳の若手のミア・ハンセン=ラヴ(Mia Hansen-Love)で、脚本は彼の兄と共同執筆。そもそも、スクリプトはDJだった彼女の兄にインスピレーションを受けているらしい。

物語は、1992年の高校生で始まり、30代前半で終る。時間を淡々と追っていく中で、自分も同時代の中に帰ってく感覚。今30代半ばくらいの人は、ノスタルジーを感じるのではないだろうか。フランス人でなくても、ちょっとわかってしまう感覚。

クラブ・ミュージックのシーンが多いので、それ系の音楽が苦手な人には、やや退屈かも。私は、長い青春と挫折、そして次のステージへ移り行く感覚を味わえる良作だと思いました。

恥ずかしながら、Duft Punkってこういう音楽をやっている人たちだったのね、と初めて知りました。映画の後に、「Duft Punkってフランス人だったんだね〜」と吐いて、今まで何を聴いてきたんだ!と憤慨されてしまいました。。そんなこと、言ったって。。