パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

これは、要するに新たな出発の物語だ『スパニッシュ・アパートメント』(原題:L'Auberge espagnole)

物事を順序立てて行うということがなかなかできない。クラピッシュ監督&ロマン・デュリス主演の『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』(原題:Casse-tête chinois)について書いたが、前二作についても話したい衝動に駆られる。話が前後してしまうが、仕方ない。

ところで、主役グザヴィエ役のロマン・デュリスは日本で言う、妻夫木君みたいな感じだ。中肉中背で顔が濃い。青春映画でブレイクして、その後実力派俳優に成長した、ような気がする。私は映画に詳しくないので、実際のところはよくわからない。

 

f:id:nico1984:20141212203351j:plain

ともかく、はじまりはこうだ。大学生のグザヴィエは、バルセロナに1年間の留学をする。 イタリア、ドイツ、デンマーク、イギリス、スペインから集まった留学生との、めちゃくちゃな共同生活。遠距離恋愛となった彼女マルティーヌ、バルセロナで出会う人妻のアン・ソフィ、レズビアンで親友となるイザベル。社会人になる前の僅かなモラトリアム期間を綴る。

支離滅裂で悩み多い青年。留学を終えて、輝かしいキャリアをまさに今踏み出そうとする25歳のグザヴィエ。

 

フランス語がわかる方には、ネタバレになってしまうが、私が好きなセリフがこちら。フランス語が分からない方は、映画を見る時のお楽しみに。

Je choisis un avenir sans débouchés. Je vais faire ce que j’ai toujours voulu faire. Tout paraît clair, simple, limpide à présent. Je vais écrire. Tout paraît clair, simple, limpide à présent. (...) Et puis lui, lui je veux pas le décevoir. 
(...) Je suis un vrai bordel. Je peux enfin commencer à tout vous raconter. 
Tout à commencer là, quand mon avion a décollé. Non, non, oh la la, c’est pas une histoire d’avion qui décolle, c’est pas une histoire de décollage, comment dire... Après tout si, c’est un histoire de décollage. Tout a commencé là...

 

筋書きのない将来。どうなるかわからない未来への一歩。あえてレールを踏み外す決断をするときに、何度も見返してしまうのだ。あの手この手で語られるテーマだが、なぜか気持ちよく聴けて、実際このセリフでエネルギーを補給するために何回も見返している。

これは、新たな出発の物語なのです。