パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

パリ18区 くずし割烹 枝魯枝魯 (guilo guilo)で大満足

http://instagram.com/p/w4fS1MlAJ-/

くずし割烹のコンセプトで知られる、京都の『枝魯枝魯 ひとしな』の枝國さんのお店。神楽坂の『枝魯枝魯』に続いて、もうオープン6年程なるパリ18区の『枝魯枝魯 guilo guilo』です。こんな隠し撮り、怒られちゃうかな。

以前パリにいたとき、友人がアルバイトしていたSaké Barで、オーナーシェフの枝國さんをお見かけしたことがあります。ちょうどパリでオープン準備中だったと記憶しています。ですが、実は私30歳を超えるまで、魚介類を一切受け付けなかった(食わず嫌い)ので、トライする機会がなかったのです。

 

http://instagram.com/p/w4fRyQFAJ8/

月替わりのメニュー(45€)だけを出しており、本日は全部で9品あるとのこと。まずは先付けの鯛の昆布締め焼き。昆布と柚子の香りでテンションがあがりまくります。昆布久しぶりに見たなー。

 

http://instagram.com/p/w4fKRZlAJp/

前菜、椀物、揚物…とオーソドックスに美味しいものが続いて、いい気分になるばかり。こちらは、お口直しに山椒のシャーベット。山椒って知らなかったら生姜とか、レモンを想像したかも。美味しかった!

 

http://instagram.com/p/w4g5MxlANY/

コースに+αでいけるという方は、フォアグラ寿司を別注文。こちらも余裕でぱくっと一口。グラスでお酒を1〜2杯なら、ひとり70€くらいかな。10品の手間ひまを考えたら大満足です。

 

メニューに、「エダクニは、パリには偶数月だけいます。奇数月は日本・ハワイで腕を奮っています」的なことが書いてあった。2011年には、ハワイにもお店をオープンされてらっしゃるようで、商売繁盛で喜ばしいことです。最近こうやってグローバルに活躍される若いシェフ/オーナーがちらほらいらっしゃいますねー。

頑張っているお店は味を楽しみのもそうですが、その仕事ぶりに元気をもらえるのでまた来たいなーと思いました。予約は19時か21時半だったと思います。

 

あと、このインタビューが面白かった。

枝魯枝魯:枝國 栄一氏3年のフランス経験を語る | ParisEtc

 

住所

8 Rue Garreau 75018