パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

フランス流おもてなしの仕方

雑誌を読んでいたら『Comment recevoir à la française』という本が紹介されていて、かなりハイソな雰囲気が漂っているので、別に買うつもりはないんだけれど、ディナーをホストするときにマナーがちょっとだけ紹介されていた。

 

                                                     f:id:nico1984:20150129183859j:plain

 

例えば、こんなルールがあるそうです。目にしていても、知らないと意識していないのでなるほどって感じですね。

  • 女性と男性は交互に配置する
  • カップルの席は離す(但し、婚約中のカップルと新婚のカップルは隣同士でよい
  • 男性の貴賓席(place d'honneur)は、ホステスの右、その次が左。同様に女性の貴賓席は、ホストの右、その次が左
  • 貴賓席は、最も大事なゲストか初めて招待する人をあてがう
  • ゲストの上座・下座は年功序列(ちなみに、イギリスでは、ソーシャルクラスが優先され、若年の貴族は、年配の大学教授よりも上座らしい…)
  • グラスは、左から右に、水用、赤ワイン用、白ワイン用と並べる
  • パンは左手に置く
  • ナイフの刃は、皿側に向けて並べる
  • ディナーでは、(美しい)食器を見せるためにナプキンを皿の上に配置しない。昼食のときには、皿の上にナプキンを載せておいてよい

 

旦那からも、よく席順を考えるときに、誰と誰は婚約中だから隣同士でもよくてー、とかなんとか言っていた覚えがあるのですが、本当にそんな細かいルールがあったんですね。新婚っていつまで新婚なのよ…。要は心細くないように的な配慮なのかしら。奥が深い。

 

ちなみに招待されたときのマナーとしては、当たり前のようなことも。

  • 手ぶらで行かない(ただし、邪魔になるような花束やワインは避ける)
  • 招待されたら2-3日を目処にお礼をする
  • ホスト・ホステスが着席するまで席につかない
  • ホスト・ホステスより先に口をつけない
  • Bon appétit(召し上がれ)と言わない
  • チーズを取るときに、フォークは使わない・お代わりをしない・お皿に残さない
  • お皿に残ったソースを、パンにつけて食べるのは、やりすぎない

 

でも、手ぶらはだめだけど、邪魔になるような花束やワインは避けるって超難問…。