パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

幸福の経済学者が教える10のレッスン:移民は幸福度が低いって…?

フランスの有名ビジネススクールESSECで教える幸福の経済学者が執筆した『Heureux comme Crésus ?』(『大富豪のように幸せ?』)という本の紹介記事を読みました。古代リディア王クロイソス(Crésus)が、大金持ちあったところから、転じて「大富豪」の意味で使われているらしいですね。

 

              f:id:nico1984:20150206051501j:plain

 

さて、幸福の経済学者が教える10のレッスン 。こんな感じで始まります。

 

1. お金持ちを羨まない。個人がポジティブな気持ちを感じる度合いは、年収750万までで、その後はあまり相関関係はない

2. 給料を比べるなら、(他業界の)友人でなく、将来の指針となる同僚と比べるべき

3. テレビを見るより本を読む

4. …

と、どこかで見たことあるし、あながち間違ってないかもな、と思うようなものが続いていたのですが…

9. …

10. 他国に移住する前にはよく考える

 

とあり、思わず顔を近づけてしまいました。「考える前に移住してしまったのですが!?」と、ひとりで突っ込んでしまった。海外移住すると幸福度が下がるとは一大事、と思って続きを読んでみる。曰く、

学術研究では、「移住者は、その国にもとから住んでいる人よりも幸福度が低くなる」のはよく知られた定説。移民第二世代となっても差は縮まらず、子の世代でも幸福度は低くなる。また、社会階層をのぼっても、変化はない。ドイツでは、収入が高い社会層において、より一層、移民の幸福度が低いという研究結果がある。社会学者によると、同じ生活水準にあっても、移民は差別対象になり、交友関係が狭くなりがちで、幸福度がより低い。

…ちょっと、ちょっと。私は幸せな決断をしたものとばかり思っていたので、びっくりしてしまいました。海外移住者と移民って響き違うけど、なんのことはない。私も移民だしなぁ。これって出身国に関係なくそうなのかな。海外移住した人って、フランスに限らず、「大変だけど楽しい!」って感じの人が多いと思ってたのに。しかも、高所得層でも、幸福度が低い傾向は変わらないというのは気になりますね。

ひとつだけ同意するのは「交友関係が狭くなりがちで」という点。これは確かに努力しないと、陥りがちなワナなので、日本にいるときの2倍のエネルギーを使って、コミニュティを広げないといけない。ちょっと別のエントリーに関連すること書こうと思うので、一旦このへんでやめておきます。

 

ちなみに、10のレッスン、その他に挙げられていたのは、

4. 物質的な快適さにしがみつかない。物を買うことによって感じる幸せは長く続かない

5. 「経験」を大事にする。思い出に残ること、手で触れないもの、夢をかき立てるものにお金を使う。(例)旅行、コンサート、演劇、美食、友人関係の充実

6. 旅行を前もって計画する。準備する間も幸福を感じることができる

7. 寄付をする。同じ金額でも、寄付した金額は稼いだ金額よりも、何倍も価値を感じることができる

8. 働く。失業しているのに比べて、悪条件であっても、働いているほうがプラス

9. 独立する・フリーランスで働く。一般的に自営業者やフリーランスは、サラリーマンよりも収入が下がることが多いにも関わらず、満足度は高くなる

…でした。ま、わからなくないよね。10だけは、いただけませんが。