パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

飲みニケーションならぬ、カフェニケーション

カフェインの摂取量が、俄然増えそうな今日この頃です。

知り合いから聞いてはいたのですが、職場で想像以上にコーヒーブレイクが強力なコミニュケーションツールであることにびっくり。

  • 職場に着いてPCを立ち上げたら、まず一日の始まりに1杯
  • ランチ後に、デスクに戻る前にまた1杯
  • 夕方になると、「ちょっと疲れたわね、コーヒブレイクでもする?」とさらに1杯

さすがにぜーんぶしている人はいない(と思う)けど、眠気覚ましにコーヒーをデスクに持って行って飲むというよりも、カフェスペースで立ち話(もしくは会議室になだれ込む)ことが大事なようで、これが侮れないコミュニケーションツールだということに気づきました。うーん、面白い。

f:id:nico1984:20150302061128p:plain

従って、フロアのエスプレッソマシーンの近くは、まるで日本のサラリーマンの会社帰りの一杯!のごとく、重要な情報交換の場になるのです。それに気づいた私は、こうしてはいられない!早速ネスプレッソカプセル50コ入りを購入(日本でもアメリカでも働いていた職場では無料だったけど、自分で買うシステムなのね…)

 

閑話休題。

 

勤務開始早々にマネージャーはバカンス。そしてその代理(No 2)もバカンス。そのため、定例ミーティングもキャンセル。しかも部署概要や研修資料もないときた(座席表から自分で作る始末)ので、初日で「こりゃ誰も面倒みてくれないぞ」と気づいた私は、チームのひとりひとりとミーティングをセッティングしました。

自己紹介をしつつ、チームメンバーがどんな担当をしているのか、どんな専門分野を持ち合わせているのか理解して、その後の仕事をしやすくできたらいいなーという意図で。

けれど、旦那は「フランスは 1 on 1 ミーティングじゃなくて、一緒にカフェ飲んで立ち話でやると思うよ…?」と、一言。

ちょっとガツガツしすぎな感じが出ちゃうかなーとも一瞬思ったけれど、初日で聞き取れないリスクを感じていたので、落ち着いてメモが取れる 1 on 1 ミーティングを決行。

 

実際にやってみたら、「1 on 1のアイディアはどこからきたの?」とか、 「初めてだけど…」とか、随所からやっぱりフランスのカルチャーにはないのかも?と感じさせられました。職場によるのかしら。

 

とりあえず最初に1 on 1ミーティングをして良かったかな、と思うのは、

  • 自分から提案することで、プロアクティブな姿勢を見せられる
  • 一度で覚えきれない内容をきちんとメモを取れる
  • 周りを気にせずに落ち着いて話ができる 

その反面、適度に肩の力を抜いた感じが好まれそうだなというのも感じた。

 

逆に旦那のアドバイス通りカフェに付き合ってみた感想としては、

  • 家族やバカンスの話を共有したりして良好な関係を築きやすい
  • 従って、オフラインベースの話がしやすい(異動の話など)
  • 他部署の人とも顔見知りになったりして、自然と顔が広くなる
  • その後も、声をかけやすくなる(=テンポよくアップデートしやすい)

気をつけることは当然、時間を無駄にしすぎない、ということですね…。

バカンス明け(で忙しいはず?)のコーヒーブレイクで、部下の『マンションの住人とのトラブル話』に15分も20分も付き合っているのを見たときには、彼の苦労も少し感じました。横目で上司を見たら「いつ本題(業務アップデート)に入っていいか」のタイミングを図っている。。

 

郷に入っては郷に従えということで、うまく使い分けたいなーと思います。