パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

リムーザン地方の週末

日本はまだ梅雨でしょうか。パリは今週39度を記録し、真夏日です。気候がよくなったフランスは6月から結婚式シーズンに突入。毎週末のように結婚式に出席しております。

 

https://instagram.com/p/4pk77nlACX/

今回はフランスの中南部にあるLimousin(リムーザン)という地方に行ってきました。車だと5時間ほどかかるので、今回は飛行機でひとっとび。1時間半経つと、自然の中にポンと放り出された。

私は育ちは割とどこにでもあるベッドタウンなうえに、両親の実家はどちらも都内なので、夏休みに田舎で遊んだような思い出もあまりないのです。そのせいか「自然を欲する気持ち」みたいなのが割と弱い。というか、そういうのに気づくのが遅いみたいで、いざ来てみると毎回すーっごいリラックスするんですけどね。

 

https://instagram.com/p/4pkPjElABD/

ベルギー人の夫妻がやっているB&Bにステイ。落ち着いてから気づいたんだけれど、噂に違わずフランスの南部にはイギリス人の多いこと多いこと。宿泊客もイギリス人だったし、街中でサイクリングしている年配のグループもイギリス人。パリより英語が聞こえるという不思議な現象。

 

https://instagram.com/p/4pkKa9lAA2/

夜の結婚式にたらふく食べることを想定して軽めにサンドイッチ。スーパーで材料を買って、プールサイドでサンドイッチにする。そして夜は実際、この地方料理を堪能することに。

 

https://instagram.com/p/4pkJm-lAAw/

 15分も経つと水着のあとがつくほど日差しが強いので、耐えきれなくなったところでプールにザブンと行く。人生に必要なものって大して多くないのではないかと、旦那としみじみ話す。で、マストリストのひとつは太陽ですね。

 

https://instagram.com/p/4pkPykFABE/結婚式も楽しく過ごし…と言いたいのはやまやまだけれど、この日は、なんだか全然社交的な気分になれず(人見知り?!)、18時に始まったカクテルから、食事が終る午前2時(!)まで、かなりしんどい思いをしました…。日本語だったら何てことない知らない人との会話。フランス語でこんな長丁場はちょっとまだスタミナが…。

 

翌日は近郊を少し楽しみたいということで、私が行ってみたかったラスコー洞窟壁画を訪ねてから帰りました。

 

https://instagram.com/p/4pkJnFFAAx/

1万7千年〜2万年前にクロマニヨン人が残した洞窟内の壁画。世界遺産にも指定されて有名なこのラスコー。ご存知のとおりレプリカなわけですが、それでも楽しめます。(※旦那は「これだけのために来るのはどうかな〜」というレベルでしたが)

私は先史時代のものとかにすごい心躍るタイプなせいか、想像するだけでとても満足。2万年ってすごい。今あるもので2万年後に残るものって何なんだろう…とか考えてみたり。

 

https://instagram.com/p/4pkJpslAAy/

帰りみちには昼寝をしていた鴨たち。私が近づいたら一様に首をもたげてザワザワ。「この鴨たちがフォアグラに…」という複雑な気持ちに…なったような、ならないような。

はい。結婚式のカクテル&ディナーはフォアグラと鴨づくしでした。美味しかった。