パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

ウィンナー・ワルツとドナウ川

今回はウィーンでの結婚式。普段はドイツ在住のオーストリア × フランスのカップルということで、地元ウィーンに加えて、ドイツやフランスからのゲストが多数。金曜日からおもてなしイベントが満載で、おおいに楽しめました。

 

ウィーンはクリスマスシーズンに行ったことがあったけれど、寒すぎてすぐにカフェに入ってはチョコレートを飲んでいたのが一番の思い出。他に覚えているのは、クリスマスマーケット、ウィーン少年合唱団、グラーシュくらい。

なので今度こそ!と思ったのに、今度は37度の酷暑。暑すぎて、冷たいものを求めてカフェ。まったく街歩きが進まない。結局、ウィーンの観光らしいことは何もできないままパリへ戻りました。が、別の楽しみ方をふたつほどご紹介。1回行ったことある人にいいかもしれません。

 

まず最初がワルツのレッスン。今回楽しみにしていたのがこれ。欧米の結婚式には必ずついてくる夕食後のダンス。フランス人も踊れない人は結構多く、新郎新婦のファーストダンスのあとに、皆がすっと加われるわけではない。逆にここで堂々と入れる人を見ては、羨ましいな~と思っていたわけです。

そして、ウィーンといえば、ウィンナー・ワルツ。新郎新婦の計らいで、前ノリした人たちは皆でワルツのレッスン。基本のステップをマスターして、夕食のあとはダンスで試してみてね、という寸法。心なしか踊れる人がとても多い結婚式で、ターンもびしばし決まってやっぱりかっこいいなぁと。ボールルームまであと一息!

 

https://instagram.com/p/5WTWKClABR/

 

二つ目はドナウ川で川遊び。ワルツのレッスンで汗だくになったところで、水着に着替えてクールダウン。市街地観光がメインなイメージのウィーンに来て、川遊びっていうのがローカルの人ならではでとても楽しかった。

 

https://instagram.com/p/5R-J3JlAJr/最初は「セーヌやカナル運河みたいに汚いところなら入らない!」と言っていた旦那も、割と水が澄んでおり、魚がたくさん泳いでるのを見て安心。

 

https://instagram.com/p/5WTYw5lABW/

夕日を眺めたあとは川辺で夕飯をして、パリを脱出〜って気分を満喫。遠方から来るゲストが楽しめるようなプログラムを考えてくれていてとっても良かった。

料理について何もコメントがないのは…察してください。まずくはないけど極めて平均的という印象は何も変わらないまま帰ってきました。

これでしばらく結婚式はお休みです。夏休みまでもう少し!