パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

カナル・サンマルタン、10年に一度の大掃除

パリに引っ越してきて早1年半(そろそろブログのタイトルを変えたい)、カナル・サンマルタン沿いの今の住処が大変気にいっている。越境すると思われる移民の中継地点になっていたり(50人単位で夜並んで寝ていたりする)、ストリートアートとは言えないレベルの落書きも多くて、地上階はちょっと御免ですが。

というのも、東京にいた時には隅田川の近く、NYの時にはハドソン川が近くにあり、パリは偶然にもカナル・サンマルタン。水が近くにある生活に縁があるらしい。

春夏はカナル・サンマルタンを眺めながら目覚め、料理をして、バルコニーでブランチしたり。いつも見るけど夕方のカナル・サンマルタンの眺めいいなぁ。

https://www.instagram.com/p/BAXHgCwFAKK/

ところが、年末からこの運河沿いをブロックアウトしてるので、なんでだろうと思っていたら、10年に一度の大掃除が始まりました。前回は1993年、2001-2002年の冬だったそうです。新年早々に無残にも水を抜かれたカナル・サンマルタン。3か月かけて綺麗にするらしい。

 

https://www.instagram.com/p/BAXHbjblAJ_/

冬のパリは日が短くて、8時半を過ぎても真っ暗。17時過ぎには暗くなるので、平日ははっきり見えなかったけれど、この週末に改めて日中に見てみると汚い。ショッピングカート、バイク、自転車、椅子などがたくさん沈んでいる。死体があがったという話は聞かないので一安心。