パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

DAIDO TOKYO展 カルティエ現代美術財団

旦那の強い希望により、6月で終わってしまうDAIDO TOKYO展のために、カルティエ現代美術財団へ。

森山大道氏の写真は、新宿、ハワイ、パリなど、場所を変えても同じ写真というイメージ。雑踏の中をファインダーを覗かないでバシャバシャ撮っていく、という一貫したスタイルで、どれもノスタルジックさは残るけれど、逆にどの場所でも、それしか感じるものがないので、別に行かなくてもいいかな〜とさえ思っていたのです。実際、私の感受性が鈍いのか、特に感想は前と変わらず。

  

https://www.instagram.com/p/BFJJhKGlACk/

  

ただ、スクリーンに映し出されるモノクロの写真(2014年〜2015年の池袋界隈)に合わせて、東京の喧騒が聞こえるという演出があって、この東京の音が一番印象に残りました。パリでは聞くことのない音がこんなにもあったんだなぁと。カラスの鳴き声、5時の帰宅を促す「夕焼けこやけ」のメロディ、デパートのアナウンス、居酒屋の話し声。多分多くのフランス人にはただの記号でしかない音が、有機的に流れ込んでるくる感覚は気持ちのいいノスタルジーでした。森山大道氏の写真って、写真を見るのではなくて、コンセプトを見るものなんだろうな。

 

https://www.instagram.com/p/BFJJiCjFACp/

 

今回初めて知ったけれど、カルティエ現代美術財団ってジャン・ヌーベルの設計なんですね。光がたくさん入って、ボタニックガーデンで囲まれてる小さなオアシス。巨大なルイ・ヴィトン財団美術館よりもずっと好き。