パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

フランス不動産市場の歩み(1970ー1990年代)

フランス不動産市場に関するかなり個人的なメモです。

 

1970〜1980:本格的な不動産市場の登場

マイホーム獲得競争や、金融機関が不動産開発に直接参入するなど、本格的な不動産市場を形成した時代。銀行傘下に不動産開発部門を抱えることによって、不動産にまつわる様々な資金ニーズを捉えていった。不動産開発サイドと金融サイドを押さえて、投資家へ包括的なサービスの提供を可能に。

公共事業を受注するようなBouyguesやVinciなどのような企業も、似たような戦略を取り始め、不動産建設を受注するだけでなく、自ら開発を計画する上流へと進出していくようになる。

1970年代前半は好景気のなか、HLM(低家賃住宅)やオフィス不動産は建設ラッシュであったものの、第一次オイルショック(1973年)をきっかけに、ずっと続くと思われた経済成長はバラ色の時代はあえなく終了。そのため、1970年代後半の不動産販売は、手数料のサービス、内装のグレードアップ、週末割引キャンペーンなどあの手この手を使った熾烈な販売合戦となった。

 

1980〜1990:不動産市場の確立とバブル到来

1979年には、第二次オイルショックもあり、フランスの景気が回復するのは1983年。

2回のオイルショックで、「景気後退期に対応できるようにしなければ!」と気づいた企業は、金融市場の発展により「株主価値」を意識するようになったことも後押しとなり、オフィス不動産は保有一辺倒から、賃貸も選択肢となる時代に(オフィス用の不動産市場が生まれたのって意外と最近なんですね〜。面白い!)

オフィス不動産の建設には少なくとも2年間、大規模なリノベーションで3年間。伸び続ける需要に供給が追いつかず、1984年から1990年にかけて、不動産価格は上昇の一途。政府は、①地方分権化(⇒地方都市での開発ニーズの喚起)、②オフィス不動産建設に係る手続きの簡素化、③銀行業の緩和(⇒ファイナンスをつけやすくする)、などを背景に、建設を推進していった。

1988年頃から、不動産価格の高騰から、与信基準は緩みまくり、100%融資が相次ぎ…、次第に実需から乖離した不動産バブルの様相へ