パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

サロン・デュ・ショコラ 2014 に行ってきた!

パリにいるならではのことを積極的に楽しみましょう!ということで、10月29日から11月2日までパリで開催している本場サロン・デュ・ショコラ(Salon du Chocolat)に行ってきました。

会場はパリの南端 ポルト・デ・ヴェルサイユ(Porte de Versailles)のパビリオン。どんなショコラティエを発見できるかわくわくしながら、会場に入ります。チケット14€もするんですね。

http://instagram.com/p/u3SbKmFAHw/

 

早速ショコラティエのスタンドが並ぶ二階を目指します! リストを数えるとざっと200はありそう。会場中央にはファッションショーのためのステージやチョコレートで出来た彫刻( ↓ )あり、色々頑張っています! 

 

http://instagram.com/p/u3SJPZlAHF/

 

食い意地の張った私は、ファッションショーで人が少ない間にあちこちで試食をしてまわります。パリなので当然フランスのショコラティエ&パティシエが大半なのですが、その次に多かったのが、、、なんと日本のショコラティエ!10はいかないけれどいくつかブースを見かけました。

 
es-koyama

もともとアンテナの弱い私が知っているのはpâtisserie Sadaharu AOKI parisくらい。今回ブースも気合いが入っていて、お買い上げしたのはes-koyamaさんという兵庫県のショコラティエ。サロン・デュ・ショコラで初出展以来3回目となる外国人最優秀賞のアワードを受賞。日本の素材を活かした美味しいチョコレートが頂けました。写真は「一休」で納豆を使ったチョコレート。もちろん?納豆の味はしなかったです。

 

http://instagram.com/p/u3SjlnFAIH/

 

その他にも、桃と南高梅、ふきのとう、柚味噌、焼きみかんなどのフレーバーを買ったので少しずつ家で楽しみたいと思います。

 

Laurent Duchêne

試食してとっても美味しかったのが、Laurent Duchêneのチョコレート。奥さんが日本人だそうでショコラティエ&パティシエールのカップルのようです。果実のフレーバーのチョコレートが沢山あってとても美味しかった。パリにお店があるということでつい後回しにしてしまったけれど、また別の機会にゆっくり味わいたいです。おそらくKyokoさん作と思われる、パティスリーもとても美味しそう!写真撮るのを忘れてしまったのが残念。。 

 

向山製作所

チョコレートの祭典なはずですが、、生キャラメルの向山製作所さんも出展。これも日本では有名なんでしょうね。これは感動の美味しさ!!日本にしかお店がないのでキャラメルコーティングのポップコーンと、生キャラメル(バジル味)を購入。

 

他にもフランス、イタリア、韓国発のチョコレートを試食したけれど、日本人の舌だからか、やっぱり日本人のショコラティエのチョコレートが美味しい!と思ってしまいます。笑 フランス人は結構分厚いチョコレートバーをばりばり!と食べるのが好きなのかしら。 私は重たすぎず、少しだけ美味しいのを楽しめるのがいいですね。となると、美味しそう!と思うのが日本人ショコラティエだったりしちゃうんです。

 

結論、私はもうパリのサロン・デュ・ショコラに来なくても、東京に帰省したほうが沢山美味しいチョコレート食べれそう。笑