パリに引っ越しました。

今hipなパリ10区の情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信していきたいと思います。

フランス語上級者におすすめ!速読講座③ 視幅を広げる・単語の理解度をあげる

速読の続きについてまとめるのが大分遅くなった。正直、既に自分でも面倒くさくなっている。でもノートを捨てたいので、ここにまとめないことには…。よし!今日書くぞ!と気持ちを奮い立たせてみる。

 

http://instagram.com/p/u8FXxLFADa/

ステップ

全体像をお知らせするとこんな感じ。

  1. 速読の効果・感想(速読講座①のエントリー)
  2. 速読の効果測定方法(速読講座②のエントリー)
  3. 視幅を広げる・単語の理解度をあげる
  4. 音読・頭の中での音声化をやめる
  5. ブロック読みを習得する
  6. 取捨選択読みを習得する
  7. 新聞&雑誌で訓練する

 

視幅を広げる

視幅とは、「視野で認識できる範囲」のことを言う。一度に認識できる文字数が増えれば、当然読むスピードは速くなる。50mごとに信号があるより、100mごとに信号がある道のほうが、車は速く進めますよね。私はそんなイメージで理解している。

同じ長さのフレーズを、今までは視点(ピント)を4回ずらす必要があったのなら、視幅を広げて2回で認識できるようにする。やや気持ち悪くなってしまったが、下の絵を見て欲しい。この絵で伝わるかは、やや自信がないが、要はこんな感じだ。       

         f:id:nico1984:20141215183433p:plain

単語の理解度をあげる

授業では、テキストを使って、一定のテンポで単語リストを目視していく練習を行った。短い単語(3-4文字)から徐々に長い単語(10-12文字)とリストは続いていくのだが、一定のテンポでより文字数の多い単語を、同じスピードで認識できるようにしていく練習だった。専用のマテリアルがないと訓練しづらいのが難点。もしかしたら辞書で代用できるのではないか?と思いついたので、今度試してみたいと思う。

私の個人的な考えだが、ここは外国人としてハンデを負うところとなる。ネイティブに比べて語彙数が少ないから、というのが圧倒的な理由。知っている単語とそうでない単語では、認識のスピードが全く違う。さらに、語彙が少ないと、誤読も多くなる。私は日常生活の中でも、頭が勝手に何となく知っている単語に読み替えてしまっていて、文章の意味を勘違いするといった経験がある。

また、外国語の場合、意識しないと句読点や文法構造から受け取るメッセージをすぐに上手く処理できない。句読点によって、「この後は例示が来る」などの想像力が働ききらなかったり、指示語が何を指しているのか瞬間的にわからなかったり、倒置法が使われていて文章の理解が曖昧になったり、ということだ。

 

まとめ

最初の授業を終えた時には、視幅を広げることは日本語にも外国語にも応用できる部分だが、外国語の場合は、逆説的だが、ある程度の語彙・文章に触れる絶対量が必要だと感じた。その意味でも、苦手意識がなくなり、読む量が増え、読む量が増えることで、スピードがあがるというサイクルが作れればいいのではないか。

私は速読講座を終えた頃から、週間の雑誌を年間講読をはじめ、それで読む量を担保するようにしている。